延滞金はキャッシングの金利よりも高い

延滞金は一般的な借入れ利率よりも高く設定されている

あまり大きな字で書かれていないので知らない人も多い遅延損害金、いわゆる延滞金とも呼ばれているものですけれども、これは返済が延滞するときにとられるお金のことです。一応ちゃんと契約で決まっているんですけれども、契約するときには返済のことは考えない人も多いので、ちゃんと読まないのかもしれません。ですが延滞金はしっかりと確認すれば分かりますが、かなりの利率になっているので注意が必要です。

返済は延滞しないこと、これが一番重要なのですが何らかの拍子で延滞してしまうかもしれません。もしくは「ちょっとくらいいいだろう」というような甘い考え方で延滞することがあるかもしれませんが、そういう時に遅延損害金がかかってくるのです。この額は利率で設定されているところが多く、ほとんどの場合は借入れの金利よりも高い利率が設定されているのです。ですから、金利はかかるし延滞金はかかるしで、二重にお金が取られていってしまいます。

最悪の場合というのはまず元金に対して金利がかかってきますから、それを返済しないといけません。次に延滞金がかかってきますのでそれも返済しないといけません。加えて信用情報が傷ついてしまって借入れがそれ以上できなくなるという事も有り得ます。キャッシングの返済をずっとやらなければそのようなデメリットがあるのです。返済をしなければそのまま債権回収会社に回されるので、裁判になって給料や家やコレクションのものが差し押さえられてしまうこともあります。これは最悪のケースですが、返済をしないというのはそういう危険性があるのです。延滞金だけで済ませられるならまだマシ、と思えると思います。

少しでも返済が遅れると延滞金もしっかりと払わなければならなくなりますから、返済は遅れないように計画性を持っておかねばならないでしょう。金利に加えて延滞金も支払うとなれば、かなりの出費になります。お金がないから借入れをしているのに、大きな出費をしてしまうとなると、本末転倒です。お金が必要ならばこそ、もっと返済のことをしっかりと考えておくべきです。