初めてのキャッシングは借入枠が小さい理由

初めてのキャッシングだと沢山お金を貸してくれない理由とは

初めてキャッシングをした時にみなさんはどの程度のお金を借り入れたでしょうか?だいたいの人はお金を借りるといっても1万円とか5万円といった単位ではないでしょうか。ほとんどの人がその程度の小口で、飲み会であるとか結婚式に出席するためのお金だったりすると思うんですが、たまに初回から何十万円、100万円を超えるようなお金を借入しようと思う人がいえるそうです。キャッシングで100万円となるとかなりの額なわけですが、そんなに高いお金を借りれるのか?というとじつは借り入れできないような仕組みになっています。

キャッシングもそうですし他の銀行などで借入をする場合でも同じですけれども、いきなりたくさんのお金を借りるということはできません。住宅ローンなどを除きますが、お金を借りるときには信用情報があります。信用情報の中には「この人はどこに住んでいます」ということから働いている場所、収入などまで書かれています。それらを総合的に勘案して「この人ならこの程度まで貸していい」というのを判断します。

その信用情報の中で重要な項目として今までの履歴というのがあります。借入れをどの程度してどの程度返済をしているのか、返済が遅延したりしていないか、自己破産をしたりしていないかなどが書かれているんですが、これが重要なのです。つまりたくさんのお金を借りて返済してということを繰り返すことによって、信用情報が強化されていって大きなお金を借入することができるようになるのです。キャッシングも同じで、借入れをしてしっかりと返済していくことで「この人は信頼ができる」というように思い、借入れの枠を増やしてくれるという仕組みになっているのです。

だから最初から大きなお金というのは借入れられないのです。キャッシングの場合は特に収入証明などを求めないところもありますから、そういうところはリスクが大きすぎて最初から大きなお金を借入することは難しいのです。キャッシングをすぐに借り入れできる気軽さがあるのはありがたいことですが、やはり大きなお金を借りたいのであれば、信用というものが大事になってくるということです。