クレジット機能カードローンとキャッシング

初めてのクレジットカード!キャッシング?カードローン?違いは何なの?

はじめてクレジットを手に入れ、使用した時、結構ドキドキしませんでしたか?私が初めてクレジットを作ったのは、買い物をする時にそこのカードを使用すると少し安くなるという特典のついたものでした。数パーセント値引きされて買い物出来た時は嬉しかったものです。

カードを提示することで買い物が済んでしまうクレジットカードは、手持ちがなくても買い物ができるとても便利なカードです。ネットショッピングが主流になってきた今、さらに利便性が増しました。

その何気なく使っているクレジットカードですが、使えるお金に種類があり、金額の設定があることはご存知ですか?前述の買い物で使うというものは「ショッピング枠」であり、最も使われる機能だと思います。次にクレジットカードに付与される機能といえば「キャッシング」。そしてリボ払い(分割払い)で有名な「カードローン」付のものも存在します。

今回はクレジットカードをはじめて持ったあなたに、わかりやすく違いを説明いたします!

キャッシングとは

クレジットカードのキャッシングは銀行から自分の預金を引き出すキャッシュカードとは違い、クレジットを取り扱っている会社からお金を一時的に借りることができる機能です。その利息率は会社にもよりますが、年率で12~18%と、実は消費者金融と大差ありません。ただし、海外でも現地のお金で引き出せるという点は利点といえるでしょう。

またATMで手軽に借りることができるという点で優れています。返済方法は一括払いであり、翌月払いが基本です。基本と記したのは、最近はリボ払いのできるキャッシングも増えており、ローンとの境界があいまいになってきているため、各会社によって返済方法が異なるためです。キャッシングは海外旅行での使用、結婚式のご祝儀など急な出費に、一時的に借りて、できるだけ早く返すのが賢い使い方であるといえます。

カードローンとは

カードローンとは、お金を借りるのは同じですが、ローンと名前が付くように分割払いで月に一度の返済が基本となります。ローンというと住宅ローン、自動車ローンといった、使い方を限定された分割払いというイメージが強いのですが、クレジットカードにおけるカードローンは使い方を限定されないフリーローンであることが多くあります。

キャッシングが一時的な小額の出費であるのに対し、カードローンは大きい金額を借り、少しずつ返却できるのが利点です。金利はキャッシングよりも少し低めに設定されているところが多いのですが、借りているお金に対して利息がかかっているため、返済期間が経過するごとに利息は減っていきますが、長期になるほど返済する総額は増えていきます。クレジットカードに付属したカードローンよりもカードローンのみのカードの方が一般的です。

クレジットカードについている機能について、ご理解いただけましたか?お持ちのカードによってはショッピングのみというカードも存在します。一度確認してみてください。ここぞ!というときにせっかくついているクレジットカードの機能、活用してくださいね。