キャッシング枠とショッピング枠とは

クレジットの機能、ショッピング枠とキャッシング枠とは?

クレジットカードを手に入れて、まず始めにするのは、「一括で」とレジでカードを出すことではないでしょうか。あるいはネットショッピングでカード払いを選択した時かもしれません。クレジットカードはとても便利なカードなだけに、一枚持っているだけで、生活の幅が広がります。

ところで、クレジットカードに課せられている「枠」というものをご存知でしょうか。契約の時に必ずこの「使用枠」についての説明が書いてあると思うのですが…私は初めてカードを作った時は、恥ずかしながら枠について全く理解しておりませんでした。というのも、かつて契約書や説明書は全く読まない人間だったので、読み流してしまったのです…(皆さんは真似しないでくださいね!)

さて、今回はクレジットカードに課せられた使い方の枠組みについてお話します。

二つの枠とは?

クレジットカードには利用可能の限度額というものが定められています。名前のとおり、限度額はそのクレジットカードで使うことができる上限の金額です。

限度額のところに「限度額〇万円(内キャッシング枠〇万円)」「キャッシング枠〇万円、ショッピング枠〇万円」と書かれているのを見たことはありませんか?ぜひ契約書などをチェックしてみてください。クレジットカードは「キャッシング」「ショッピング」の二つの用途で使用することができ、限度額がそれぞれ決められているのです。

ショッピング枠とは?

ショッピング枠に該当するのは、買い物や飲食店でカードを提示するといった、品物をその場で購入でき、後日請求がきて支払うタイプのものです。イメージとしては「後から払うんでよろしく!」といった感じでしょうか。ただ何の後ろ盾も無しによろしくと言っても信用がないので、その証明をクレジットカードでするわけです。

こちらの枠はキャッシング枠と比較すると金額が大きくなっていることが多いようです。また、家電製品や高価なアクセサリーやブランドものなど、とても現金では一度に払えないという方には分割という形で購入ができるので、とても便利な機能です。

注意点としては直接財布からお金が消えていくわけではないので、使いすぎに気づきにくいことです。その為自分なりに管理をしていく必要があります。たとえば筆者は家計簿をつけているのですが、クレジットを使った際にもその月に計上しています。

つまり請求が来る月に出費とするのではなく、使った月に出費として数えてしまいます。その月はマイナスになってしまうかもしれませんが、総額は変わらないので目に見えて「ああ、使ったなぁ」と分かるのです。いろいろ自分なりの方法を試してみてください。

キャッシングとは?

キャッシング枠とはお金そのものを借りる機能です。そのため使い方の制限はありません。返済の方法は翌月に一括払いとなります。最近はリボ払い、分割払いといった方法もあるようですが、厳密に言えばこちらはキャッシングというよりもローンの扱いになります。冠婚葬祭などの急な支払いや、一時的に収入が減った際の救済策として用いることができます。

ただしショッピング枠と比べて、キャッシング枠の方が小額であることが多いのです。またショッピング枠とは異なり、利息がかかってきます。小額、そしてすぐに返済できる見込みがあるときにキャッシングを使うのがよいでしょう。

以上、それぞれの枠についてご説明しました。ここでは触れませんでしたが、ほとんどのクレジットカードにはポイント制度があり、使えば使うほどポイントが貯まり、商品と交換できるというシステムがあります。うまくクレジットカードを利用することで、より安く、よりお得に、より便利な暮らしをしていきましょう!