無審査キャッシングの罠

甘い言葉にご注意を…無審査キャッシングの罠

最近、ネットや吊革広告で「無審査キャッシング」という文字を見かけます。筆者もキャッシングしたことのあるクチですから、そういった情報はとても気になるのです。しかし、そこで疑り深い筆者は気になってしまうのです。「それって企業側に利益ってあるの?」と…。今回はそんな「無審査キャッシング」についてお話します。

本当に無審査なのか?

果たして、本当に無審査でお金を借りることができるのでしょうか。インターネットで「無審査キャッシング」で検索したところ、何件か検索されました。しかし、その上位にあるのは優良な無審査キャッシングについての解説サイト、もしくは無審査キャッシングという言葉だけ書いてあり、実際の内容は無審査キャッシングというよりも「審査が甘い場所を紹介する」だとか「クレジットカードのキャッシング枠の現金について」がほとんどです。

無審査で融資するほど企業側にとってハイリスクなことはありません。あなたは誰だかよくわからない人に、お金を貸したりしますか?その人が返してくれる保障はありますか?よっぽど善意のある人か、お金を腐らせている人くらいしか貸したりしないでしょう。

ただし、本来ならば信用情報機関にある信用情報を元に審査を行っていくところを、会社独自の基準で審査を行うため、通常よりも審査が通りやすい企業は存在します。困ったときにはこちらの機関を頼ってみるのもひとつの手でしょう。本当の「闇金」ならば無審査で貸してくれるところもあるようですが、高金利である上に相手が誰であっても取立てできる術があるから貸すことができるのです。危険と隣りあわせであることを忘れないでください。

なんで無審査と言っているのか?

さてここまで読んでいてなんで無審査キャッシングという看板を出しているのか疑問に思った方もおられるのではないでしょうか。お気づきかもしれませんが、いくつか理由があります。まず、この言葉を目に留めるほとんどがお金に困っている人だということです。そこで無審査といかないまでも、別の案(審査がゆるいなど)を提供することで、訪れる人たちをキャッシングに誘導することができます。悪質なところだと、情報のリンク先が有料アダルト系サイトであったという例もあります。

またクレジットカードのショッピング枠の現金化などというものは、ショッピング枠の残高があることが条件になっているため、職場への在籍確認も当然必要ありません。たしかに「無審査」であるのですが、クレジットを作る時点で審査は行われているため、本当の意味での無審査ではありません。しかし真っ赤な嘘というわけではないため、無審査キャッシングと銘打っているのです。

おわかり頂けましたでしょうか?やはり「うまい話には裏がある」のです。皆さん、甘い言葉に惑わされてはいけませんよ!!