借り入れの年齢制限について

年齢制限もあるの!?知っておきたい借り入れの基礎知識

どうしてもお金に困ったとき、どうしても身内に借りられないとき、そんなとき頼りになるのが金融機関。使い方を間違えなければ、金利はかかりますが、必要な時にお金を貸してくれるというのはとても心強い存在です。

しかしだれかれ構わず貸してくれる訳ではありません。きちんと基準をクリアしないと金融機関はお金を貸してくれません。そりゃそうですよね。我々も「返してくれないかもしれないという人にお金を貸したくないなぁ」と思うのと同様に、企業も返済能力が低そうだなという人には貸しづらいものです。

たとえば無職の人間に企業としては貸したくないなぁと思うのはおわかりいただけると思います。無職であるということは、定期的な収入がない状態なので、返済が見込めないと見なされるのです。他にも「年齢」が貸したくない理由になるのはご存知でしょうか。

企業のホームページなどをみて回ると、場所によっては18歳以上に融資可能としているところもあるようですが、20歳以上という基準が多くみられます。実際には「一定以上の定期的な収入があること」 が絶対条件になるため、単純に年齢だけで審査されている訳ではないので、20歳で主婦よりも18歳だけど正社員の方が借りられる可能性は高いといえます。

最年少が分かったところで、今度は上限の年齢は何歳なんだと気になる方もおられると思います。結論から言ってしまうと、69歳を上限としているところが多いようです。

69歳というと、すでに退職されている方もおられ、給与をもらっていない方も多いと思います。しかし前述の通り、安定した収入があることが重要であるキャッシングの審査において、「年金」という安定した収入がある高齢者の審査が通ることもあるのです。

会社によっては、不安定な職業についている若者よりも審査が通りやすいとか。これ以上になってくると、今度は健康上の理由もあいまって、借りることが難しくなってくるようですが、75歳まで借り入れを可能としている企業もあるようです。また借り入れした当人が亡くなられた場合でも、生命保険を返済に充てることで、身内に迷惑をかけないプランも存在します。

このように、年齢もキャッシングの為の一つの条件となっています。偉そうにタイトルには基礎知識と記しましたが、要は「自分だったらこの人にお金を貸してもいいかな」という所が基準と思って間違いないでしょう。

評価の材料として、年齢や今までの借り入れ状況や返済遅延がないかといった信用情報が関わってくるのです。あなたは誠意あるお金の使い方ができていますか?いざという時のために、信用ある行動を心がけたいですね。