任意整理で借金整理

任意整理で賢く借金を返そう!自己破産の前に考えたい借金整理の方法

「借りたお金が膨らんで、大変なことになってきた!!」「催促の電話ばかりで辛い…どうしよう」
金融会社でお金を借りて、一時的にピンチは乗り切ったものの返済が滞ってしまい、元のお金だけでなく遅延金も積もりに積もって、にっちもさちいもいかなくなってしまったという方、いらっしゃいませんか?自己破産をする前に、任意整理を考えてみてください。

そもそも任意整理ってなんなの?

任意整理という言葉を聞いたことがない方は多いかと思います。自己破産が裁判所を介して法的に借金の支払いをなくすことに対し、任意整理は裁判所を挟まずに借金の返済方法を変えるというものです。具体的にどうなるかというと、弁護士や司法書士が代理人となり債権者と支払いについて交渉するという形をとります。借金そのものがなくなるのではないため、返そうという意思があるかないかも任意整理を決めるポイントとなります。

任意整理で賢く返す!

任意整理で行われる交渉は、借りた側の返済可能な条件に債務者側に合意し変更してもらうということになります。高金利で借りていた場合には、過払い分をもともと借りたお金の返済に充てることができます。今後かかってくる金利、遅延損害金をなくすこともできます。ただし、あくまで債権者側の合意があってのことなので、必ずしもすべての条件が成立するわけではありません。また交渉後は催促が止むため、精神的に安心できるのです。自己破産とは異なり、自分の財産や資格に影響がでることがないので、自分のライフスタイルが大きく変わりません。

残念ながら良いことばかりではないのです…

任意整理は良いことばかりではありません。まず向こう5年間は金融機関での借り入れ、ローンを組むといったことが出来なくなってしまいます。いわゆるブラックリスト入りです。また任意整理をすることで、支払いが減額されることは前述のとおりですが、自己破産と異なり借金が綺麗になくなるというわけではありません。そのため現時点で収入が極端に少なく、返す算段が立たない場合には、任意整理には向いていません。

任意整理も使い方次第です。もし借金で追い詰められているなら、一人で悩まずに、まずは無料法律相談所で相談してみてください。地方自治体でも無料相談所が開設されているところが多くあります。専門家があなたに合わせた返済方法を考えてくれますよ!