クレジット審査に関わる信用情報とは

クレジットの審査に落ちた…借り入れに関わる信用情報とは

そのお店それぞれの特典やカード自体の利便性に魅かれてついつい作ってしまうクレジットカード。きちんと管理出来ていないと、一枚一枚は少額の利用であっても、複数枚分の請求が重なってとんでもない金額になんてこともあり得ます。

クレジットカードとはその名前の通り「クレジット=信用、信頼」を意味しており、その信用があるからこそ、お金を借りる事が出来たり、買い物をするときに代わりに支払ってもらうという事が出来るのです。

ではその信用の基準にはどういったものがあるかご存知でしょうか?意外に知っている方は少ないのではないでしょうか。今回は信用情報についてお話します。

内緒にしていてもばれてしまう?

そもそも何故、他社で借金返済が滞ったことや、黙っていた利用残高がバレてしまうのでしょうか。新たに契約を結ぶ会社なのだから、作成書類に記載しなければ大丈夫なんじゃないかと思う人は多くいると思います。

しかし、「信用情報」というものは、他社と共有している情報である為、たとえ黙っていたとしても、すぐに分かってしまうものなのです。その情報を管理してる機関を「信用情報機関」といいます。

信用情報機関と信用情報

信用情報機関とは、機関に加盟している会社や企業(銀行、消費者金融、信販会社、保証会社、リース会社など)に個人の借り入れ状況など、金融に関わる情報を提供している会社です。

筆者も初めて知った時は驚いたのですが、信用情報機関は1つではありません。どこで何をしても信用情報というものを抱えている機関に通じてしまうから、なんでもばれてしまうのだと思っていました。実際には信用情報機関は何社かあり、クレジット専門の信用情報機関や銀行専門の信用情報機関も存在しています。ただ、機関同士が提携して情報を交換しているところもあるので、結果的には隠していてもばれてしまう事のほうが多いということです。

信用情報として扱われるのは、個人の経済的な情報です。そのため個人の宗教や性格、病気などといった情報は扱われません。
・契約者自身(名前、連絡先、生年月日など)について
・返済状況、契約内容、利用状況など
・債務整理、破産申立など
私生活を探られるような気がしてよい気分はしないかもしれませんが、あくまで「客観的な情報を提供する」ことを目的としているため、審査以外の目的で用いることはないのでご安心ください。

信用情報機関に加盟している金融機関やクレジット会社が勝手にその情報を使って連絡することも、他人や本人に情報を開示することもできないことになっています。勝手に信用情報を扱ってしまった場合、加盟している金融機関自体が信用を失い、誰もお金を借りなくなってしまうのです。

クレジット審査に落ちるとき、ローンが組めないときというのは、「信用情報」の中に貸すことができない理由があるのです。クレジット会社や金融会社が審査に落ちた理由を伝えられない理由は前述したとおりですが、自分で自分の信用情報を請求することは可能です。この機会に一度、自分の「信用情報」を見てみるというのはいかがでしょうか?自分を振り返る良いタイミングになるかもしれませんよ。