コンビニキャッシングでスキミングを防ぐ

コンビニなどで多発するカードローンのスキミング被害を防ぐ方法

今、コンビニなどで多発する犯罪といえば強盗ではなくなっているのです。一番多いのは今でも万引きで、強盗も多いのですが最近増えてきている犯罪の一つにATMに細工するというスキミングの犯罪が増えているそうです。スキミングの犯罪なんてわかりにくいかもしれませんがATMにある機械をつけることで、カード情報を盗み出すようです。最近になって増えてきているようで、警察やコンビニ各店もかなり力を入れて防止しようとしているそうです。

このスキミング被害を防ぐためには重要なことはATMの形状を覚えることです。特に重要なのはカードを挿入する部分です。このカードを挿入する部分に機械をつけてスキミングするそうなので、挿入口がどのようになっているかをしっかりと確認してから使うようにした方がいいでしょう。なかなかわかりにくく作ってあるみたいなので、難しいかもしれませんが。

実際にスキミングされるとキャッシングのカードはどうなるか?なんですけれども、キャッシングのカードに入っている情報がすべて盗み出されてしまいます。キャッシングのカードの中にはその人の個人情報が満載です。そのカードをある特殊な方法を使えば複製することができるのです。だから知らない所でお金を借入されていたりするのです。増額申請されて、目一杯お金をキャッシングされていたなんていうことになりかねません。その場合ある程度は支払の義務が出てくる可能性もあるので、注意が必要なのです。

一般的には銀行のカードが狙われやすくて、銀行の中に入っているお金を狙うためにスキミングをする人が多いようですが、コンビニに置いてあるATMを狙っているということは、コンビニのATMで使えるカードローンなどのキャッシングも被害に合う可能性があるし、スキミングをする側は狙っている可能性もあります。

今のところ大きな被害が出ているという例は海外のほうが多いので、日本の場合はそこまで大型の詐欺事件とはなっていないのですが、気をつけておいたほうがいいでしょう。キャッシングのカードは意外に重要なので、大事に保管しておくことです。